平成29年度 教育目標・経営方針・重点目標

教育目標

憲法・教育基本法、および学校教育法に基づき、本校創設以来の校訓である誠実勤労・質実剛健に加え、文武両道の校風を引き継ぎ、地域の未来を考え、さらに国際的視野に立って世界の平和につながる工業の発展に貢献できる人材を養うため、次の目標を掲げてその達成に努める。
創造性 人間性 実践力

100周年に向けた魅力ある鶴工ビジョン

ものづくりを通して、感動を味わうことのできる工業教育の推進
主体的な学習を通じ、高い進路目標を実現できる教育の推進
産業界との連携を強化し、工業技術の進展に対応できる教育の推進
全国に発信する研究活動や全国制覇のできる部活動の推進
時代の要請に的確に対応した学校経営の推進

経営方針

創立100周年を見据え、生徒会活動や部活動等の活性化による学校活力の創造をめざす
地域の未来を考え、将来の工業技術者としての活躍をめざした志の高い生徒を育成する
学年・分掌・学科等の連携と協働による円滑な教育活動の推進をめざす
マネジメントサイクルによる組織の機能化と学習指導方法等の改善を行う
PTA活動の活性化と保護者から信頼される温かな学校運営を行う
教職員のワーク・ライフ・バランスの推進による活力ある職場をめざす
教育に携わる職員として、事故防止と法令順守、服務の厳正を徹底する

重点目標

1.確かな学力の育成と授業の充実 -社会を生き抜く基板となる学力-
(1)家庭学習の定着と探究的な学習の展開による確かな学力の育成
(2)高度な資格や検定等の取得を目指した高い専門性を持った生徒の育成
(3)知識・技能の活用による探究心や表現力を育む授業の展開

2.心身の健康と生徒指導の充実 -豊かな心と健やかな体の育成-
(1)自他の尊厳を大切にし、社会の一員としての規範意識やマナーの育成
(2)豊かな人間関係を育む学校生活と交通安全・情報などに関するモラル教育の充実
(3)家庭や地域と連携・協働した教育活動による生徒指導の充実

3.キャリア教育の充実 -変化に対応し、社会で自立できる力の育成-
(1)将来の在り方生き方を探求し、変化に対応できる実践的な技術者の育成
(2)コミュニケーション力や自己表現等の求められる人間力の育成
(3)地域の未来を考え、国際的な視野を持って高い目標を実現できる進路指導

4.工業教育の充実と学校活力の創出 -学校と地域の協働による人づくり-
(1)ものづくり活動を通した主体性・創造性を備えた実践力の育成
(2)地域や産業界との連携による工業教育の活性化
(3)小・中学校への魅力発信と大学等との連携による工業教育の充実

5.地域に根ざした魅力ある元気な学校-郷土に誇りを持ち、地域とつながる生徒の育成-
(1)保護者や地域と連携した生徒会活動や教育活動の推進
(2)全国で活躍できる部活動やものづくり活動の育成と支援
(3)ホームページやパブリシティ等による積極的な情報の発信

教育カリキュラム

一年生は芸術の選択、2年生からは延べ14単位の選択科目があり、自分にあったカリキュラムを自分で選べます。
中学生の皆さんへ
中学生のお子様をもつ保護者の皆様へ
中学校の先生方へ
人材をお探しの企業の皆様へ
卒業生の皆様へ
在学生・保護者の皆さんへ
鶴工城畔同窓会
鶴岡工業高校定時制

© Tsuruoka Technical High School