学校概要

校長あいさつ

校長 百瀨克浩

校長  百 瀨  克 浩

 山形県立鶴岡工業高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、鶴岡の基幹産業として興されていた絹産業を支える技術者養成を目的に、明治28年に創設された鶴岡町立鶴岡染織学校が前身となり、大正9年に染織、電気機械、木材工芸の3科からなる山形県立鶴岡工業学校として開校し、本年度に創立99周年(前身の染織学校からは124年目)を迎える県内屈指の歴史と伝統を誇る工業高校です。

 これまで、時代の要請を受けた学科改編や昭和23年の夜間定時制課程(電気、機械、建築の3科)の設置などの幾多の変遷を経て、現在では、全日制の課程が機械、電気電子、情報通信、建築、環境化学の5学科体制、定時制の課程が工業技術科の1学科体制になっています。

 2万4千余名を数える卒業生は、創立時からの校訓である「質実剛健」「誠実勤労」の精神を継承しながら、県内はもとより、国内外において多くの分野で第一線として活躍しており、現在も不易なその精神を大切に受け継いでおります。

 また、校風の「文武両道」をモットーとし、学業のみならず、研究活動、部活動、生徒会活動、ボランティア活動などにも意欲的に取組み、活躍の場を全国、世界へと広げています。平成31年1月には新体育館も完成し、活動拠点として更なる活躍が期待されているところです。

 新たな「令和」の時代を迎え、社会には新たな産業革命が訪れようとしています。新たな時代の変化に対応し、地域の未来を考え、国際的視野に立って工業の発展に貢献できる人材を育成しながら、本校創立100周年に向け、さらに、その後も力強く前進し続ける「鶴工」を目指し、教職員が一丸となって精励してまいります。

今後とも、本校の教育活動に対しまして、皆様の一層のご支援とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


学校概要


校訓「誠実勤労」「 質実剛健」
校風 文武両道

鶴工のヴィジョン
鶴工100年に向けたヴィジョン
~ 地域の未来を考え、
   日本や世界の産業の発展に貢献できる人材の育成 ~
1 ものづくりを通して、感動を味わうことのできる工業教育
2 高い志を掲げ、主体的な学習により進路目標を実現できる教育
3 産業界との連携を強化し、工業技術の進展に対応できる教育
4 全国に発信する研究活動、全国制覇のできる部活動の育成
5 時代の要請に的確に対応した活力ある学校づくり


めざす生徒像
1 社会を生きぬく基盤となる学力と高い専門性を持った生徒
2 より良い人間関係の構築による豊かな心と健やかな身体を備えた生徒
3 変化に対応し、社会で自立できる力を有する生徒
4 主体性・創造性に富み、各種活動において全国で活躍できる生徒
5 郷土に誇りを持ち、地域とつながり、地方創生の担い手となる生徒

 
 
 

中学生の皆さんへ
中学生のお子様をもつ保護者の皆様へ
中学校の先生方へ
人材をお探しの企業の皆様へ
卒業生の皆様へ
在学生・保護者の皆さんへ
鶴工城畔同窓会
鶴岡工業高校定時制

© Tsuruoka Technical High School